細菌撲滅、三昧

2009.06.25

やれやれ

このところ連日やっているからかな、今日も最高得点が・・・・
Img_0045
たぶん、バイ菌の配列で得点が違って来ると思う。
トランプで言うと配られる手札のツキみたいなものかな。

でも、連鎖げしを狙う。これしかないよね。

4000点越え目標にしたいけれど、こればかりやると眼が疲れて・・・
老眼の目にはキツイ down

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19

細菌撲滅/4

2ヶ月くらい細菌撲滅をしていなくて、ゲームを再開してみたら、まぁ、勘が鈍っていて、得点は伸びなかった。2000点台を出すのも難しかった。

再開して1ヶ月は経ったかな?
今日ようやく、思うような点が出た~!と思ったら、最高点の更新だった。
Img_0031
1面では200点越えしなかったら、クリア。
途中の面では、5~6個の連鎖消しが何回かあるのがポイント。
6面で1200点は超えていたな。
これが私の目やすかも。
最終面が何面か覚えていないのが残念。

算術計算で12秒台が出たのは、この1週間くらい前だった。
Img_0016
ほとんど、頭で計算はしていない。
直感で記号を書いている感じ。
答えを書きながら、次の計算をする。

今度、動画で細菌撲滅の連鎖げしを撮りたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.13

次点か

最近は、連鎖消しを楽しむためにやっている感じ。
Img_0069_s

Img_0070_s
次点とはいえ、3000点越え2回目。
でも、面は、21面まで行っているので、前回は得点効率がよかったと言うこと。
6個7個消しが何回かあるといいんだな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.03

細菌撲滅/3

初めて3000点の壁を超えました。
Img_0091_s
1面では、100点越えをしないと2面には進みません。
だいたい2面終了時に300点越えしているといいペースです。
連鎖消しが多くないと、この点は出ないのかな?

Img_0092_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.29

細菌撲滅/2

かなり前に、最高得点を更新。
記念にパシャリ
Biku
これ以降、更新はない・・・・
3000点の壁はかなり高い。

記録は、一日一回のみ記録される。つまり、2回やり、2回目に高得点が来ても記録されない。
それを防ぐのに、ある意味ズルかもしれないけれど・・・

「撲滅失敗」の画面が出たら、STARTボタンを押しクリアして記録しない。coldsweats01

そして、最高点が出たら記録する。

最近、記録するような点は出ていない・・・・

あと、ドクターマリオと違うところは、
タッチペンでカプセルを移動もできるが、すり抜けもできること。

すり抜けは、横方向は言うに及ばず、縦方向も勢いがあれば成功することがある。

つまり、底のほうに同じ色の細菌がかたまっていて、1つもしくは半個カプセルが入る余裕がある場合、上からすり抜けさせて、下の細菌を消去出来ることがある。

「算術計算」の記録
Img_0011_s
こちらも何カ月も新記録は出ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.20

細菌撲滅

DS,もっと大人の脳トレの細菌撲滅・・・・以前のゲームの「ドクターマリオ」と類似ゲームを毎日やってます。

これをやってない人には、わからない話です。coldsweats01

ムカサとジナンに、「こんなに根気良く長くやる人も珍しい。皆、そんなに長くやっていないよ。」と揶揄されている。
長いと言うのは、使用時間も含めて、ゲームを買ってから長期間、愛玩していると言う意味らしい。

上位最高点は、「レベル難しい」で 1位2398点、2位2360点、3位2183点。
この点では、飛行機級airplane・・・
(得点により、徒歩から~自動車・・・・飛行機、ロケットと速度により級がある)

以前、チョーナンが、「お母さんのあの点で飛行機airplaneなら、
ロケットは何点取ったら飛ぶんだろう。」と言っていた。

ネットで検索すると、5000点越えで「ロケット」と出ていた。
私には、不可能な得点だ。

細菌をカプセルで消していくゲームなのだが、、細菌の消し方、一気に消す細菌の数で得点が変わる。
一気に数多く、また、それに連鎖消しが加わるとボーナス点が加算されるので、それらをしないと高得点にはつながらない。

一気消しの得点を、ネットで検索するもヒットしないので自分で実地に調べた。

1個   3点  
2     7
3    13
4    23
5    41
6    75
7   109  
        (と思われる)

4個一気消しは、よくあるがそれ以上になるとまれ。
5個消しまでは、すぐ分かったので法則を探し出し、後は予測して、確認。
6個、7個消しは、調べ始めた3日間で各2回。

増え方の法則も良くわかった・・・・(気がする) 
1個から2個の間が、4点差、その上が6点差、10点差、18点差となり、
5個と6個の間が34点 6個と7個の差も34点。(と思われる)

| | コメント (2) | トラックバック (0)